jazz にゃんこlogy

カテゴリ:音楽とはなんぞやWhat's music( 37 )

北見

今月の中頃に北見へ行ってまいりました。
自分のバンドと親父、桂田みずほさんと演奏でした。

写真は撮らなかったので記事でその様子をちょっとかきます~

まず、出発前夜からそれは起こりました。
先日ブログで書いた楽器の修理の記事を書いた直後にも関わらず、楽器が調子悪くなり、
出発当日の朝7時までかかって調整 泣
ナントカ使えるようにして9時に出発。

みんなを拾って北見へ!

道は走りやすく予定通り到着。
リハーサルをしていったん会場を後にし、時間に見せにいくと・・・・

ものすごい車の数!広い駐車場にも関わらず車があふれ路上駐車の列。
お店の中もお客さんがたくさん。
我々のテンションも上がり本番へ。

まぁ自分の調子はまぁまぁでしたがメンバーは熱い演奏をしてくれたと思います。
みずほさんもちゃんと共演したのは初めてででしたがとてもハートフルなピアノサウンドでした。
おやじもどうやら変態的な練習をしているらしくはじめて聞くフレーズが増えていたような。

そしてなにより感激したのは同級生が沢山来てくれたこと!
正直札幌に出てきてからあまり交流がなかったのでちょっと照れくさいやらうれしいやら。
また改めてみんなからやる気をもらいました。

アフターに北見ゅーじしゃんとのセッションもあり一騒ぎ。
木倉さんもご機嫌なペットたのしかったなぁ。。

今回はあまり時間にゆとりがなかったので、いつものように温泉とかは寄らないたびでしたw。

あ、友達がおくってくれたしゃしんがあった!
f0037257_176378.jpg

親父と北見のATこと竹井さんDr。ピアノレスのフライトトレーン。なんかめっちゃサウンドしてたとおもう!
打ち上げの料理がみえますね~ 母さんたちが用意してくれた鍋など。うまかった~
[PR]
by takumiawaya | 2010-02-24 17:04 | 音楽とはなんぞやWhat's music

偉大な先輩

 今日は、札幌に来たばかりの時に出会ったトランペッター岡村さんのバンドでベース弾きました。
岡村さんは、76歳(たしか・・)で、いろいろな病気も克服して、なおトランペットを吹いてる。
その岡村さんがリーダのバンド、ノース・クリッパー(北のカッコいい野郎という意味)はメンバー6人中3人が70代!!最年長はかぞえで80!!

3管編成(tp、tb、ts+p、b、dr)で、モーニンやバグス・グルーブ・・・
ゴっタゴタになってもクールに決めているところがカッコいい!?(親父たちもそうだったw)
みんな真剣にジャズをやっていてとても熱くて楽しかったです。
3管といえば俺が育った親父のバンドもそうで、とても懐かしい気持ちでした。

自分も70や80になっても演奏していることが最終目標です。
死ぬまで、できるだけ長く、ジャズを愛し演奏し続けること。これが俺の人生。

そんな偉大な先輩たちの背中はとても大きかった。
[PR]
by takumiawaya | 2010-01-24 03:42 | 音楽とはなんぞやWhat's music

スーべ

正直、ベースはアドリブよりバッキング(サウンド、リズム、ベースライン)やろ~という気持ちはあるんですが、
アドリブやるなら、
Bebopフレーズ、歌うフレーズ、別な曲のメロディー拝借、
コール&レスポンス、ベース特有のフレーズや小技・・・
これらをバランスよく組み合わせたいもんである。

最近のお気に入りベースはアールメイ。
特にハーマンフォスターとのトリオがめちゃかっこいい。
バッキングのライン、サウンド、リズム、文句なし。
アドリブも隙間たっぷりで良く歌う。
ぱっと聞いた印象は、暖かいサウンド、確固たるリズム、スマートにサポートするライン。
大きな心を感じるベーシスト。
そんなベーシストになりたいとおもう今日この頃でした。
[PR]
by takumiawaya | 2010-01-22 02:36 | 音楽とはなんぞやWhat's music

近況&今年のまとめ&来年の目標

今日は久しぶりに長文でも。

最近は地方(道内)のあちらこちらで自分のバンドで演奏してました。
今年の後半は札幌を離れ、色々な出会いあり、出来事あり、感動ありでとても楽しい旅を沢山しました。
自分がリーダーとして動くのはわりと好きで、メンバーにも楽しい思いをしてもらいたいという気持ちもあったので、張り切って後半駆け回りました。もちろん演奏も回を重ねるごとに良くなっていきました。
やはり、色々な人との出会いが大きな影響を与えるのだなという実感も得られました。
メンバーも、道中は出会った人についての話が多かったです。と言うかそれと音楽の話しかしてないような・・・w 
 
さて、今年一年を早くも振り返ります。。
今年に入ってすぐ、バリーハリスとの共演と、すさまじいスタートを切ったわけですが、
その後も海外からのミュージシャンとの出会いも続き、いよいよ世界を目指すのかと自問自答の日々(←びびりなもんで笑)。
夏はジャズフェスや、国内の著名なミュージシャンとの共演も多々あり、刺激を沢山受けました。
秋は上記のように、自分のバンドでの活動を積極的にしました。

この一年は自分にとって大きな変化の兆候が生まれた年であります。
ま、課題がと目標が沢山見つかったという話なんですがね~~泣
とりあえず英語勉強すっか。

てなわけで来年の目標をいくつか。
*色々な方向からジャズを学ぶ。
 ・歴史、曲、人物、など
*実践能力の向上。
 ・もっとジャズベースらしく、
*英語らぺらぺ(←ぺらぺらではない感じ)
*上半身強化。まずは昔のように腹筋割る
*人間的成長・・望んでも仕方ないことだが笑
*貯金・・・昨年に続き楽器(弦)に金をかけすぎた。とりあえずうまくなることに専念する。
などなど

今年も応援してくださった方々、心より感謝します。来年もますます頑張ります。



f0037257_1725069.jpg

「men~ まぁ焦る気持ちはわかるが、ゆっくり一杯やろうぜ」
[PR]
by takumiawaya | 2009-12-03 16:51 | 音楽とはなんぞやWhat's music

心の扉

Duke・Jordanのtrio&quintetに入っているSummertime。

本当に素晴らしい演奏に出会ったとき、知らず知らずに閉ざされていた心の扉が一気に開いてしまうような開放的な感覚になる。無の境地へ解き放たれたような、あまりの心地よさに涙が出る。こういう感覚を感動と言うのか。久しぶりにこんな感覚にさせてくれたDukeは俺にとって本当に偉大なミュージシャンの一人になった。
[PR]
by takumiawaya | 2009-11-03 04:18 | 音楽とはなんぞやWhat's music

先日

新冠にあるレコード館に行って来ました。
そこで頑張っている子供ビックバンドのベーシストへ会いに行ってきました。
三年くらい前から色々アドバイスしたり関わってきましたが、時と共に成長する姿に感動しました。
最初はうまく言葉を交わせませんでしたが、よくしゃべってくれるようになり、
体もずいぶん大きくなったし、演奏もすごく良くなったし本当に見ていてうれしくなります。
またそれと同時にもっと好きになって、もっとうまくなってほしいなぁなんて思ったり。
ふと、自分がこの子に抱く期待と、自分がこの子の様な時に周りから受けていた期待も似ているのだろうなと思ったり。いろいろ感慨深いものでした。
直前に風邪を引いてしまい辛そうでしたが一生懸命頑張る姿に心打たれました。

そんな彼の晴れ舞台↓
f0037257_1227938.jpg

ドラムは弟!兄弟で切磋琢磨していいリズム隊になってほしいな~


そして金髪好きな親父に土産写真
f0037257_123554.jpg

いいのかこれ!!!!????


スケジュールもアップしましたー
[PR]
by takumiawaya | 2009-09-26 12:35 | 音楽とはなんぞやWhat's music

ツアー日記

4月末に私のバンドでツアーに行ってまいりました。とても沢山の出会いと共に沢山成長できた充実したツアーでした。

一日目
温根湯ツーファイブ
まずは向かっている最中の寄り道。
大函での一コマ。観光地でもあるこの場所は冬の間は営業していません。
有名なトンネルがあり、昔は自由に通れたんですが、今は落石などのため通過できません。
f0037257_332226.jpg

が・・・
f0037257_3332871.jpg

↑宇宙人ではありませんw
ロープを越え、柵を飛び越え、通っちゃいました笑 怒られるかな?
ひんやり薄暗くておっかないですが、抜けるとこんな絶景があります。
f0037257_335242.jpg


温根湯着!ちょうど4時に道の駅についてラッキーなことが!世界一?日本一?大きなからくり時計が動く瞬間に出会いました。
f0037257_3375288.jpg

その辺にいた子供たちと同じようにはしゃいで、からくり時計の中にも入ってみました。
中から見た光景。ちょうど外に出た人形の裏側。
f0037257_3392779.jpg


そして今日の会場
f0037257_3452583.jpg

いつも来てますが、凄く音もよく気持ちよく演奏できました。
恒例のセッションも大盛り上がり。脱腸手術前の親父も吹きまくってました笑
打ち上げのソバ。手打ちで固め、勝手に名づけて「頑固ソバ」 んまい!
母さんが作った力作オードブルもあったんですが撮る前に食べてしまいました笑

翌日北見は大雪、冬に戻ってしまいました。
f0037257_3493630.jpg


この日の演奏は喫茶MUU
福茶というケーキ屋さんの奥にあるJAZZ臭さがムンムンとする喫茶店。
SttifなやつはJAZZを齧るなという合言葉があちこちにかいてあります。
f0037257_3521274.jpg

この空気に満たされてわれわれの演奏もよりJAZZ臭くなれたんではないでしょうか。
ここのマスター、MUUマスは本当にJAZZを愛していて、おれの親父もMUUマスに育てられたようなもんだといってました。ということは今の俺があるのも・・・ MUUマス最高っす!!
ケーキもうまい!高級栗を使用した本物のモンブランケーキが人気。
個人的にはバナナの入ったチョコケーキがお勧め!


3日目風来山人
の前にちょっとリハ笑
f0037257_3554552.jpg

この日も沢山の方に聞いていただけて幸せでした。マスターも変わりなく、自分だけが年取った感覚になりました。高校生の時の自分の写真もいまだに飾ってありましたが、自分じゃないみたいでした笑
f0037257_3578100.jpg

今日のステージとエド・シグポンさん

4日目遠軽安国公民館 最終日
まず、午後から安国のひまわり学園さんという施設でボランティア演奏しました。
脳の発達の関係などで、我々とはちょっと違った感覚を持った方たちの前で演奏したんですが、
思い切り飛び跳ねる子がいたり、手を叩く子がいたり、ギターアンプのコンセントを抜く子がいたり・・・
感慨深い思いもありましたが、自分たちは純粋に音楽をやっている姿を見せれるように演奏しました。
それぞれの楽器にも興味を示してくれたり、みんな楽しんでもらえたようでとてもうれしかったです。
今日の会場
f0037257_453734.jpg

とても広い会場で、本当に沢山の方に来ていただき、とてもいいコンサートになりました。
自分が小学校2年生の時の担任の先生と奥様が企画してくださり、ラーメンのぶりんマスターをはじめ、
たくさんの協力によりコンサートが成功しました。見ず知らずの我々を快く泊めてくださった藤井さん、本当に皆さんに大感謝です。
打ち上げのびっくり料理
f0037257_4142796.jpg

テール!!かぶりつくのが正しい食べ方!すごいボリューム!
このほかにも裁きたてのサガリやお寿司ととても豪華な打ち上げを用意してくださいました!
翌日、藤井さん宅で美味しい朝ごはんを頂き、帰る前にのぶりんさんにご挨拶・・・・・
f0037257_417471.jpg

美味しいと評判のラーメンをいただきました。
朝ごはん食べてまもなくというのにメンバーみんなあっという間に完食。
感動的な美味しさ。メンバーは札幌に帰ってもいい続けてました。みんなに教えたいけど教えたくない・・・
秘密にしていたいくらいです。実は裏メニューのほうが多いらしく、何かもっと凄いのがあるかもしれません!
生田原に行ったらのぶりんっす!ってか札幌からも3時間弱ですよー?
札幌→のぶりん→ノースキング(温泉)→のぶりん→札幌 ありですよー!たまちゃん!
f0037257_4255979.jpg


最後に、
最後まで演奏の集中力も切れることもなく、日に日に良くなっていきました。
沢山の人に出会い、応援してくれる人がいて、初めて人前で演奏ができる。
何のために練習するのか。沢山音楽についても考え、吸収して、人間的にも、音楽的にも成長した本当にいい旅でした。ツアー中大した練習もできてないのに日に日に演奏が良くなっていったのはこのおかげだったと思っています。
さて!次はどこいきましょか!
f0037257_4403329.jpg

いぇぁー!めぇん!!
[PR]
by takumiawaya | 2009-05-04 04:41 | 音楽とはなんぞやWhat's music

いまごろ

またロリンズのサキソフォンコロッサスにはまってます。

3曲目
テーマが終わりベースとサックスのデュオになり、ドラムが入ってすぐの
1分17秒からの8小節間のピアノのバッキング。

たまらん。その瞬間俺にはピアノしか聞こえない。

5曲目
ダグのイントロウォーキング。サウンド、リズム、音使い、文句なし。これぞジャズベース。
マックスのソロは・・・・・黒っ

ユードンノウもいいなぁ。ジョンコルのより好きかも
[PR]
by takumiawaya | 2009-02-25 01:51 | 音楽とはなんぞやWhat's music

ふぃ~~~っ

ちょっと一息だー


 最近はあまり落ち着かずなにやら忙しい日々でした。しかし昨日はある偉大なミュージシャンYさんのおかげで、自分のこれからのジャズ人生何の迷いも無く歩んでいける気になりました。
 ベースとして自分がかっこいいと思うジャズに携わったり、演奏したいのは当然で、道は狭いが地道に自分を信じて歩いてきた。しかし一体このあまりに細く険しい道の先にあるものが何なのか正直はっきりとは見えていなく、不安や、自信を喪失しそうになったことはたくさんある。
 そのYさんと、ジャズ人生について語っていたとき、たまたまその「道」の話になった。
Y 「たくみ~、その先にあるものしってるかー?」
た「んー・・・」
Y 「愛だよ愛。ジャズを愛する心」
た「涙」
  次の瞬間は、もう何もいえなくなってしまいました。Yさんは演奏もカッコいいが何よりその生き様がすごいカッコいい。男としても憧れ、ミュージシャンとしても尊敬できる、このYさんが言うからこそ、この「愛」の本当の意味が込められていたんだろう。
 この愛は恋愛の愛と全く同じものだ。
仕事や、夢の道を歩むとき、好きな気持ちやその物事に対する愛が大きな原動力となるが、恋愛の場合は「愛」がそのさきにある。
 Yさんのように自分もジャズを愛していることがわかった。必死になっていた気持ちが優しくなり、不安や焦っていた気持ちもどっしり落ち着いて本当にすっきりしました。なんだか上手くいえてないような気もするので書いてみます 笑 
f0037257_346882.jpg

わかるかなぁ~このちもちー。何事にもいえることだと思う



こいつもどっしり↓ 
f0037257_3155.jpg

 
[PR]
by takumiawaya | 2009-02-11 03:47 | 音楽とはなんぞやWhat's music

今までのJAZZ人生最大の

山場であった・・・・
[PR]
by takumiawaya | 2009-01-19 15:11 | 音楽とはなんぞやWhat's music



私1歳と本当の親父(エルビンジョーンズ)です
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
マイリンク
工事中

ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧